国内観光スポットランキングで外せない長崎・ハウステンボスに迫る!

人気の国内観光スポットランキングにも入る、長崎県のハウステンボスは、日本人のみならず海外からの観光客も多く訪れている観光地です。
オランダ語で「森の家」という意味を持つ「ハウステンボス」は、ベアトリクス女王が住むハウステンボス宮殿を再現したことからこの名称が付けられました。
テーマパークの一つとして運営していますが、ひとつの街としてオランダの風景を忠実に再現しています。
では、4つのテーマで構成されたハウステンボスの魅力と見どころを紹介していきましょう!

ハウステンボスの4つのテーマとその魅力

花の王国

入園して最初に広がるのは四季折々の花々が咲き誇るフラワーロードです。
オランダの田園風景を思わせる風車や噴水などの周辺には、数十種類もの色とりどりの花々が広大な敷地内に埋め尽くされています。
春はチューリップやバラ庭園、夏はプリンセスミチコ、秋はマリアカラスなど季節ごとに開催されるイベントにも注目です。

光の王国

約1,100万球以上の電球を施したイルミネーションは世界最大級の夜景です。
場内の運河が虹色に輝き、河川に浮かぶ船に合わせて噴水や光のショーが繰り広げられます。
光の自転車やトレインに乗りながら日本最大級の光のパレードに参加することもできます。
光のアートガーデンでは、イルミネーションモチーフの白鳥やトナカイと一緒に記念撮影することもできるので旅の思い出作りにいかがでしょうか。

ゲームの王国

日本初の常設型最新VRアトラクションやドームシアターを使ったシューティングゲームを最大40名まで体感できる最新ゲームが楽しめます。
乗馬レース「Hashilus」に加えて、鳥獣に乗りながら巨大昆虫から逃げる新設アトラクション「鳥獣ライド」は大人気です。
3Dプロジェクションマッピング「太鼓の達人」を超巨大画面(53m×11m)を使って迫力満点で挑むこともできます。

音楽・ショーの王国

1日中ハウステンボス場内で生の音楽やショーを楽しめるエリアです。
アムステルダム広場では、クラシックやポップミュージックなどの演奏が毎日繰り広げられています。
ハウステンボス歌劇団のショーは、元宝塚歌劇団の女性メンバーも加わり連日立ち見客が出る程人気です。